テラマッパー操作手順

依頼があったので操作手順を指示した簡易なものを作成したのでこちらにも掲載しておきます。


今回のケースは精度を必要としない場合ですのでアイコンストラクション仕様ではありません。

あらかじめご了承下さい。


新規プロジェクトを作成し撮影した画像をすべてよみこませます。


ドローンを使用しての撮影ですので

EXIFデータを選択します。


座標系の選択のプロジェクトの座標系を撮影したエリアの座標系を選択します。

今回の場合は滋賀県ですのでVI系を選択します。


無い時はその他から探します。





カメラ位置調整を行います。

飛行高度を入力後OKを押すと調整がはじまります。

この時入力する高度は自動航行アプリにて設定した高度です。

カメラ位置調整が終了後位置情報補正を行います。

今回は評定点を使用しての撮影ですので「対空標識のデータによる補正」を選択します。


対空標識の座標を入力します。

この時現場の任意の座標を使用するときはローカル座標系

任意座標を使用しない場合は最初に入力した座標系(今回の場合はVI系)にあわせます。


入力した座標のXYが測量座標系の場合ここで入れ替えます。




座標のどれか1つを検証点に設定します。

その後対空標識にマークをつけます。

対空標識が検出されるのでなるべく中心に緑の十字が来るように調整します。

テラマッパーの推奨する対空標識は黒●なので市松柄だと赤になって自動認識されないのが多いのでタブルクリックで解除します。

補正結果がでますのであとは点群生成を押せば終了です。

簡単な流れでした。


45回の閲覧

最新記事

すべて表示

施工経験記述対策

こんにちは。今日は i-Constructionを学習する事が施工管理技士の経験記述に使えるのではないかという事を少しお話してみようと思います。 例えば工程管理の面では ドローン測量を行う事で測量業務の期間を短縮できる 三次元化する事で手戻りを防ぎ無駄な作業を減らせる 品質管理はヒートマップを作製する事で設計の三次元データとの差がわかる 出来形出来高は三次元で精度の高い段階検査が行える 安全管理は

ドローン測量業務について

10連休ですがいかがお過ごしでしょうか。 今日は土木工事のICT化について少し記事を書いてみようかと思います。 まずは i-Constructionについて 国土交通省が掲げる生産性革命のプロジェクトの一つで建築生産システム全体の生産性向上を目指す取り組みの一つです。 若年層の労働者が少ない建設業界はいわゆる3K(きつい きたない 危険)からの脱却し(給与・休日・希望)という新3Kを掲げ新たな人材

お気軽にご相談ください
​和田材木店一級建築士事務所
26032020070723A.png
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube